スカルプシャンプーの魅力は?

効率よく育毛を成功させるために必要となるのが頭皮環境を整えることです。
頭皮環境が悪化することが原因となって育毛の妨げとなってしまいますので正しい方法で実践することが必要になりますが、そこでお役立て頂くことができるのがスカルプシャンプーです。
スカルプシャンプーはscalp=頭皮という言葉が示すように、頭皮環境を整えるために最適なシャンプーということです。
普通のシャンプーよりも頭皮に良いシャンプーであることが大きな魅力となります。特にアミノ酸系洗浄成分を使用しているので育毛にも良いのが大きな特徴でしょう。また脱脂しすぎると良くないので、適度な殺菌作用のある桑白皮の効果で保湿しながら頭皮ケアしていくとよいでしょう。

 

良い頭皮は皮脂の量も適度にある状態

良い頭皮の状態は適度に皮脂が残っていて、頭皮を触ってみると柔らかいものです。
皮脂が多すぎて少なすぎてもいけませんし、頭皮が硬すぎる状態も良くありません。
抜け毛が増えて新しい髪の毛が育ちにくい頭皮の方は皮脂のバランスが悪く頭皮がカチカチに硬くなっている状態の方が多いです。
なぜこのような状況になってしまったのかという理由を考えてみると普段の生活習慣が大きく関わっていますが、実は毎日のように行うシャンプーも大きな影響を及ぼすと言われています。やはり皮脂をほどよく落とすスカルプケア用の育毛シャンプーが増えてきていますが、皮脂の取りすぎに注意しながら殺菌作用のある成分が配合されているのを選んでみてください。

 

 

育毛に適したスカルプシャンプー

近年、シャンプーが見直されており、かつてないほどの高級なシャンプーが多く販売されています。
いままでのシャンプーは髪を洗い、髪をキレイに見せるためのシャンプーが多かったように思いますが、今は髪を作る土台である頭皮のことを考えて作られたシャンプーに人気が集まっています。

 

スカルプシャンプーという言葉を耳にするようになったのは最近のことですが、このスカルプというのは頭皮のことで、スカルプシャンプーとはつまり、頭皮ケアをするためのシャンプーです。
抜け毛や薄毛に悩む人は男女問わずに増え続けているという今、髪の毛の生えて来る頭皮に注目するようになったのです。
髪の健康は頭皮の健康から、ということでスカルプシャンプーは開発されました。

 

従来のシャンプーは髪をキレイに見せることを考えたシャンプーで、整髪料などの汚れを強力な洗浄力で落とし、シリコン剤で髪をコーティングするというのが一般的でした。
ただ、このタイプのシャンプーは石油系や高級アルコール系と呼ばれる界面活性剤を使用していて、洗浄力が強すぎて頭皮に必要な皮脂まで取り去ってしまい、頭皮を乾燥させたり肌荒れが起こすことがあります。

 

そこで考えられたのがスカルプシャンプーであり、これは髪をキレイに洗うだけでなく頭皮を健康に保つことを考えて作られています。

 

育毛でも重要な頭皮の状態を整えるスカルプシャンプー

頭皮の状態を整えるシャンプーがスカルプシャンプーなのです。
結果、育毛にも効果的だと言えるでしょう。
しかし、スカルプシャンプーといって販売されているものがすべて育毛に効果的かと言えば、そうでもありません。
というのも、スカルプシャンプーといっても石油系や高級アルコール系の界面活性剤を使用していたり、シリコン剤を配合している場合もあるのです。
ですから、スカルプシャンプーを選ぶ場合は成分表をきちんと見て購入することが大切です。

 

育毛にも適しているのが、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドで低刺激であり、頭皮環境を整えるのにうってつけです。
値段は少々高いですが、育毛する場合にはアミノ酸系シャンプーをおすすめします。

皮脂が多くて頭皮がべたつきやすい方におすすめのスカルプシャンプー

例えば皮脂が多くてベタベタするのがイヤなので、スッキリと洗い上げるシャンプーを使ってみたら爽快感が得られて気に入っていたのに、しばらく使っているとまた皮脂がベタつくようになってきたという方がいます。
シャンプーをしたことで爽快感を感じたのは洗浄力がかなり強かったのだと予想することができますが、あまりにも洗浄力が強すぎたため本来は頭皮に残っていなければならない皮脂まで洗い流してしまっていたことで更に皮脂量を多くする原因となったと考えることができます。
一般的なシャンプーには洗浄力がかなり強い界面活性剤が使用されていることが大きな原因です。

 

スカルプシャンプーの場合は余分な皮脂は洗い流し、必要な皮脂は残す調度良い洗浄力であることが大きな特徴となります。
頭皮や毛穴に詰まった汚れを効率良く落として清潔な状態を維持することではじめて育毛に良い環境を整えることができるようになります。

泡立ちが少ない傾向があるスカルプシャンプー

今まで一般的なシャンプーを使ってきた方はスカルプシャンプーの使い心地に不安を感じてしまう場合があります。
よく言われるのが「全然泡立ちが良くない!」ということです。
確かに一般的なシャンプーと比べてみるとスカルプシャンプーの場合は泡立ちが少ない傾向があります。
両者の泡立ちの違いには大きな意味がありますのできちんと把握しておくことが大切です。

 

界面活性剤の成分がスカルプシャンプーの場合に違う

泡立ちの違いが感じられるのは界面活性剤として配合されている成分が全く違うからです。
一般的なシャンプーには石油由来の界面活性剤が配合されているため少量でもかなり泡立ちが良くなります。
その分洗浄力が強力なので頭皮や髪の毛の状態もボロボロにしてしまうという問題点があります。
スカルプシャンプーの場合はアミノ酸系の界面活性剤が使用されていることが多く、泡立ちは若干弱めですが頭皮環境を整えるためには丁度良い洗浄力になります。
ただし最近では泡立ちが良い商品も登場してきているので、以前よりは泡立ちの悪さを感じにくくはなっています。
上手に泡立てるためにもシャンプー前にブラッシングをして軽く汚れを落とし、シャンプー前にしっかりと髪の毛を濡らすようにするようにしてください。
ワックスなどの整髪剤を使用している場合は2度洗いをすることをおすすめします。

シリコンが配合されていない場合も多い男性用のスカルプシャンプー

スカルプシャンプーを使い始めた頃は違和感を感じてしまうと思います。
特に髪の毛を乾かしてみるときしんでしまいサラサラ感が感じられないという感想を持つ方が多いです。
一般的なシャンプーからスカルプシャンプーに切り替えた方はこのように感じるのは当然です。

 

市販されているシャンプーの多くには髪の毛のサラサラ感を演出するためにシリコンが配合されています。
強力な洗浄力で洗うためそのままではキューティクルが失われてスカスカの状態になってしまうのをごまかすためにシリコンを配合しています。

 

シリコンは頭皮の毛穴も塞いで頭皮環境を悪化させる原因になるとも言われていることから、スカルプシャンプーには含まれていませんのでどうしても最初はきしみを感じやすくなります。
しばらく使い続けることで髪の毛の状態が良くなり次第にサラサラ感が感じられるようになるはずです。